June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

勝つんじゃなくて“負けない”ということを伝えたい…:『ライズ ダルライザー -NEW EDITION-』初日舞台挨拶

 

 


3月9日、池袋シネマ・ロサにて、『ライズ ダルライザー -NEW EDITION-』が公開初日を迎えました。
初日舞台挨拶には、プロデューサーで主演の和知健明をはじめ、三浦佑介、桃奈さん、山さやか、山口太郎、佐藤克則監督が登壇しました。





 

 

 


本作は、福島県白河市のご当地ヒーロー「ダルライザー」の誕生を描いたヒーローアクション。
俳優を志望していた主人公が白河に帰郷. 謎の集団との出会ったことをきっかけに、ヒーローとして奮闘する姿を描いています。




写真は右から、佐藤克則監督、山口太郎、山さやか、桃奈さん、三浦佑介、和知健明、司会・八雲ふみね。
和知さんはダルライザーの扮装で登場です。



「もともとダルライザーを始めたのは10年前。
自分の地元である(福島県)白河市の活性化のためでした。
映画を作ったのは、ヒーローショーだけだと伝わり方に限界があるので、映画という大きなものにチャレンジしたかったから。
この映画を観て元気になったと言ってもらえると嬉しいです」と、和知さん。
ライズ ダルライザー全国発信となった喜びを噛み締めてらっしゃる様子です。

また和知さんと大学の同級生の三浦さんは、
「僕の役については、僕よりも前に候補の人がいたらしく…」と、暴露。
すると佐藤監督が…。

「実は最初に写真を見た時、三浦くんだとイケメン過ぎて役に合わないのではないかと。

でも実際会ってみたら、ひょうきんな役にぴったりだねってことになりました」と、すかさずフォロー?!
会場は大きな笑いに包まれました。





「皆、優しくてフレンドリー過ぎるくらいで...。とても楽しい現場でした。」(桃奈さん)
「アキヒロの父親役の井田(國彦)さんもとても気さくな方で...。
“ダイス”と“ライズ”が混ざって、“ライス”とNGを出されていたのが印象的でした」(山さん)
「白河での撮影は、とにかく寒かったです。氷点下で13時間の撮影は寒さとプレッシャーとの闘いでした。」(山口さん)


…と、キャストの皆さんが語るエピソードからは、キャストとスタッフ一丸となった撮影現場の様子が垣間見えました。




その後、みんなでダルライザーボーズを決めて、フォトセッション。
お客様と一緒に映画の公開をお祝いしました。


『ライズ ダルライザー -NEW EDITION-』は2019年3月9日から池袋シネマ・ロサほか全国順次公開です。




ライズ ダルライザー -NEW EDITION-
2019年3月9日から池袋シネマ・ロサほか全国順次公開
原作・プロデューサー:和知健明 
監督・脚本:佐藤克則
出演:和知健明、三浦佑介、桃 奈、山口太郎、佐藤みゆき、山さやか、田村 諭、宮尾隆司、赤城哲也、古川義孝、鈴木桂祐、鈴木裕哉、湯本淳人、緑川順子、フスト・ディエゲス、井田國彦
©️2018 Dharuriser Planning
公式サイト http://www.dharuriser.com/movie



JUGEMテーマ:エンターテイメント

pagetop